シボガードはダイエット成功者続出の痩身ダイエットサプリメント!

シボガード,サプリメント,効果,痩せる,成功,痩身,サプリ

 

脂っこい食事が大好きな人や、食事制限によるダイエットで挫折した経験がある人などに特に人気の高いサプリメント『シボガード』。
食事に含まれる中性脂肪の吸収を抑制する働きを持ち、食べた脂質をなかったコトにしてくれる作用があります。しかも、その効果は長崎県立大学と株式会社東洋新薬が、共同で実施した臨床試験で検証され、国に機能性表示食品として認定されているのです。

 

その効果は絶大で、シボガードを摂取した人と、そうでない人の体重の変化を比較すると、2カ月飲み続けることで10%以上の体重減少が可能であるという報告もあります。シボガードは、このような効果や臨床実験結果から、多くの人がダイエットに活用している人気商品なのです。

 

では、そんな人気になっているシボガードの成分や効果を細かく調べてみました。

 

バナー原稿imp

シボガードの成分と効果

シボガードは、今まで中性脂肪の吸収を抑制できると言われていた三大成分ギムネマ・サラシア・コレウスフォルスコリを上回る効果を持つ成分が配合されています。それは、「ターミナリアベリリカR」という最近注目されている新成分によるものです。東南アジアなどの熱帯地域に生息している広葉樹の果実から抽出される素材で、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで薬としても活用されていました。ポリフェノールを豊富に含み、ダイエットや美容・健康面に様々な効果をもたらすのです。

【ターミナリアベリリカRの作用】

☆血中の中性脂肪を下げる
ターミナリアベリリカRは、脂質を分解する酵素であるリパーゼの働きを抑制し、脂質を体に吸収しにくくします。また、中性脂肪が小腸で吸収されるのを抑えてくれます。これらの作用により、吸収されなかった脂質や中性脂肪は、そのまま体外に便として排出されます。吸収されなかった脂質や中性脂肪は体につくことありません。シボガードはこの2つの作用により、吸収されるはずだった中性脂肪を約53%カットすることができるのです。カロリーでいうと、いつも通りに摂取すれば約371?(脂肪吸収量39.5g)もある食事も、シボガードを飲んでいると約175?(脂肪吸収量18.6g)にまでカロリーを減らすことが可能です。

 

☆血糖値の上昇を抑える
血糖値は、糖質が分解されることでできるブドウ糖が血中に吸収されて上がります。血糖値が上がると、その値を下げようとしてインスリンという成分が分泌されます。脳や筋肉、内臓などの生命活動で消費されなかったブドウ糖は、血糖値を下げるため、インスリンの作用により、体に蓄積させてしまうのです。そんな厄介な働きをするインスリンは、血糖値の上昇が緩やかであれば、大量に分泌されることはありません。ターミナリアベリリカRは、そんなインスリンを分泌させる原因となる糖質の吸収を抑える効果を持っているのです。

 

☆多すぎる活性酸素を取り除く
活性酵素は、呼吸で体内に入ってくる酸素が、ストレスや疲労などにより変化したものです。全体の酸素の約2%が活性酵素になるのですが、この活性酵素は多くあり過ぎると体内で悪い働きをしてしまうのです。まず、肌や髪にダメージを与え、老化を招く要因になります。さらには、血管内の壁を傷つけることもあります。活性酸素の攻撃で傷ついた血管は、出血を止めるために血栓を作り出しますが、まれにその血栓が血流を滞らせたり、止めたりしてしまうのです。活性酵素はこのように美容面や健康面にも障害をもたらすことがある成分なのです。ターミナリアベリリカRは、この活性酸素を体から取り除く働きもあるのです。

 

これらの作用により、ダイエットや美容面、健康面の全てに対応ができるダイエットサプリになっています。

 

バナー原稿imp

シボガード飲み方

シボガードの飲み方は簡単で、基本は食前に1日4錠飲むだけです。ただ、飲み方によっては効果が半減したりしてしまうようなので、守ってほしいことや知っていてほしいことをいくつかあげておきますね。

 

まずシボガードの飲み方で重要なのは、4錠を1回で飲むことです。カロリーカット系のダイエットサプリなどは、朝昼晩の3回に分けて飲むよう推奨されている場合が多いのですが、それではシボガードの効果は減ってしまうのです。それは、シボガードに含まれるターミナリアベリリカRは、食事の中性脂肪を抑制するためには1,200mgという量が必要になってくるのです。シボガードは4粒でその量を満たしているので、分けて飲んでしまうと効果が薄れてしまうのです。なので、外食や飲み会など、脂質が多そうな食事の前に4錠全部飲むと効果が感じやすいですよ。

 

次に大切なのは、食前に飲むということです。ターミナリアベリリカRは、即効性に優れた成分なので、食べたばかりの脂質をカットする効果があります。そのため、すでに体に蓄積された内臓脂肪を減らすような作用はありません。ですが、新たに吸収される脂質が減れば、今蓄えられている脂肪を消費してエネルギーを作りだすので、体の脂肪が減り、痩せやすくなるのは間違いないです。

 

そして何よりも重要なのは、一定期間飲み続けることです。シボガードの臨床検査では、2カ月間摂取し続けた場合に、10%の体重減少がみられています。公式サイトでも、3カ月間は飲み続けることを推奨しています。少し時間がかかるなぁと感じた人もいるかもしれませんが、ちゃんと飲み続ければ効果があるということでもあるので、チャレンジしてみてくださいね!

シボガードの口コミ

30代まではお腹周りに脂肪がつくことはなかったのに、年齢と共に蓄積される場所が変わったように思います。しかも、以前のように簡単には取れない…。そこでシボガードを活用してみたのですが、3カ月後には気になる腹部周辺もスッキリ。体重も5sほど落ちました!

 

脂たっぷり、味こってりの食事が好きでどうしてもやめられません。でも、先日の健康診断で中性脂肪やコレステロールの値が大ピンチ。焦ってシボガードを飲み始めてみたらびっくり! 次の検査で標準値まで下がっていたんです。考えてみたら、ズボンも緩くなっている気がする…。効果ばっちりでています。

 

最初の1カ月は、思ったように痩せなくて少しがっかり。でも2カ月目が始まると同時に、3sほどストンと体重が落ちたんです。それからは、1週間に800gずつ、コンスタントに落ち続けています。長く続けるのが成功の秘訣みたいですね。

 

粉状や液状のものは味もするし、飲みにくさを感じることが多く続けられませんでした。でも、シボガードは錠剤タイプでサイズも小ぶりです。数もたった4錠飲めば終わりだし、飲み忘れなく続けることができました。

 

飲むだけでも痩せるかなと思ったのですが、せっかくだし体に溜まった脂肪も一緒に取りたい!そこで30分のウォーキングをプラスしてみました。すると、1カ月で6sも痩せることができたんです。できれば少しでも運動を足した方が効果出ますよ!

 

パッケージを開けた時から独特な香りがありました。味もしそうだなと思っていたら、案の定香辛料のような変わった味。お水や白湯で飲んだら口に味が残る感じがしました。飲むのが嫌になってしまい、効果を感じる前にやめてしまいました。

 

飲むのも食べるのも大好きで、ほぼ毎晩外食です。私は夜にシボガードを飲んでいるのですが、全く体重が減る兆しがありません。改めて振り返ると、昼も結構な量を食べてるんですよね。ほどほどの食事制限をしなきゃダメなパターンもあるなと思いました…。

 

バナー原稿imp

シボガードの金額

1袋に120粒が入っています。1日4錠を飲めば良いので、1袋で30日分になります。できれば最初は、安い値段で購入して自分に合うのかを確認したいですよね。

 

そんな人に嬉しいのが、web注文限定のサービス。初回購入ならたった980円(税込)でシボガードを買うことができるのです。定価は2,970円(税込)なので、1,990円もお得。定期便になっているので、2回目以降は定価よりさらに12.7%お得になって、2,592円(税込)で購入できるのです。しかも、定期購入でよくある解約できるまでの購入回数や契約期間のしばりがありません。好きな時に内容の変更や停止ができるんです。
定期購入なら送料も無料ですし、お得感たっぷりですよ!

シボガードのまとめ

年齢を追うごとに代謝は下がり、脂肪を燃焼する力はどんどん減ってしまいます。そんな中、脂質の多い食事を続けていては、どんどん体に脂肪はつく一方。しかも、一度体に蓄えられた脂肪は、並大抵の努力では落ちません。そうなる前に、食事でとった脂質をすぐにカットし、なかったことにできるのがシボガードです。飲むだけでも効果は絶大ですが、運動を加えることできれば摂取した脂質だけではなく、体の脂肪を効率良く減らすこともできます。
好きなものを食べたい、つらい食事制限は嫌だ…でもダイエットはしたいと考えている人に、是非試してみてほしいダイエットサプリになっています。
一定期間は続けて飲むことで効果が高くなるサプリですし、定期購入だと年間で6,000円以上お得になります。是非一度、公式サイトを覗いてみてくださいね。

 

バナー原稿imp